コンサル会社の支援でプライバシーマークを取得して実現すること

プライバシーマーク制度は、事業者が個人情報を基準に則って正しく取り扱っているかを第三者機関が審査し、正しく取り扱っていると判断された場合にそれを周知する事のできるマークの使用が許可される制度です。
プライバシーマークは登録商標であり、Pマークと省略されていることも多くあります。

マークの取得には申請が必要で、使用許可が出れば自社のWebサイトや冊子、名刺、店頭などで使用することが可能です。
このマークを取り、使用して実現することのひとつとして、消費者の信頼獲得をあげることができます。
プライバシーマークは一般消費者のあいだでも知名度が高く、取得している企業に対しては個人情報を安全に取り扱っているというイメージを持っている方が多いです。
消費者にとってはこの会社で商品を買ったりサービスを申し込んだりするにあたり、自分の個人情報を提供して果たして大丈夫なのかという不安を払拭する材料になるため、売上アップに直結する効果を期待できます。

なお、マークの取得は自社ですべて行なうには余計な時間や手間、お金がかかり過ぎるため、コンサルティング会社の支援を受けるのが一般的な方法です。
マークの取得実現のために良いコンサルティング会社を必要とするのであれば、Pマーク取得支援のコンサル会社の見積りを一括請求で取得できるWebサイト、Pマーク一括見積り術の利用がおすすめです。

カテゴリメニュー

http://www.kilakilaoriginal.com/?kil=3